滋賀県更生保護事業協会は、地域社会の一員として、犯罪や非行をした人の立ち直りを支援します

草津保護区(草津市・栗東市)

草津保護区(草津市・栗東市)

1.地区紹介

草津保護区保護司会は、草津市と栗東市の2市が集まった組織で、県の南東部に位置し、琵琶湖岸から田園地、市街地へと平地が広がり東南部の丘陵地へとなだらかに続き、その先には湖南アルプスの山並みを望むことができ、重要文化財があちこちに点在していて、自然環境豊かな地域です。市の人口は約205,000人であり、保護区は、今も人口増が続き市街化の傾向が一層進む活力あふれる地域であり、区内では次々と高層マンションや量販店が建ち並んでいる。

当保護区保護司会に61名の保護司がおり、区内の保護観察件数は、平成24年の70件をピークに減少の傾向にある。しかし青少年の非行・犯罪に限定すれは、横ばいあるいは微増の状況にあります。人口減少がすすむ中、草津市にあっては、この10年間に約12,000人の人口増となっている。とりわけJR南草津駅周辺の開発は、目覚しく小学校の分離・新設(平成28年)など年々その様相は、刻々と変化してきています。平成28年に施行された「再犯の防止等の推進に関する法律」を受け、草津市では保護観察対象者等の地域における就労支援を促進するための方策を実施しているところです。栗東市の大きな出来事として、平成25年、台風18号により安養寺山で8カ所の土砂崩れが発生して、一人の尊い命が失われた。また、金勝川の崩壊、決壊や山間部での崖崩れなど甚大な被害をもたらしました。道の駅「あぐりの里」では、新幹線ドクターイエローが見える「道の駅」として人気を博しており、競走馬のトレーニング施設があることから「馬のまち」としての取り組みや、東海道筋などでは街明かりのイベント等が行われ、地域おこしや観光にも力が入っています。

2.事業概要

平成20年度に法務省にて更生保護サポートセンター設置計画が出来、平成22年度にモデルケースとして全国で21か所の更生保護サポートセンターが開所、平成23年度に新たに34ヵ所の設置が決まり滋賀県では4月に草津で県下初の更生保護サポートセンターを開所しました。「草津・栗東更生保護サポートセンター」はJR草津駅東口より徒歩5分という立地条件の良さと駐車場完備、事務所面積約35㎡と広いのが特徴です。現在は8名の保護司が365日(盆、正月を除く)駐在し、保護観察対象者との面接・観察所主任官の定期駐在及び対象者面接・地域処遇会議・保護区、支部の役員会・更生保護女性会、BBS会、協力雇用主会との連絡交流会等で使用しています。また更生保護サポートセンターが主催し保護区役員・保護司と新人保護司、中堅保護司、ベテラン保護司との懇談会も企画実施し、一人でも多くの保護司更生保護サポートセンターに来所してもらえるよう努力しています。

平成24年4月より「サポセンだより」を毎月、会員保護司や関係機関に発行配布し、現在90号となりました。紙面記事は会員保護司に伝えたい知らせたい事、法務省・観察所よりの最新情報、定例・自主研修報告、管外施設視察報告等当番で保護区役員が執筆、駐在する企画調整保護司の当番表、当月の事業計画表等を掲載しております。今後の「草津・栗東更生保護サポートセンター」の運営については従来の面接・会議・研修での使用はもちろんの事、気軽にコーヒーを飲みに立ち寄れるような「憩いの場所」にしていきたいと思います。

平成22年11月25日、草津・栗東更生保護協力雇用主会設立に向けての意見交換会が行われ、平成23年5月に第1回目の協力雇用主会総会が草津市立サンサンホールにて開催された。平成30年度の総会では、会員数78社となり、さらなる会員の拡大と、実際の雇用に結び付けるための研修会や就労懇談会などを保護司会と取り組んでいます。雇用主会員の拡大と併せ、実際の雇用に向けた取り組みを図って行くため、関係機関、保護司会や更生保護女性会等との連携を深め事業を実施してゆきたいと考えています。犯罪件数は、平成17年以降減少しており、現在は約50件となっています。しかし、再犯者の増加や薬物事犯の犯罪件数が増加しているのが現状です。

草津市で平成31年度(令和元年度)から公共事業の入札参加にあたって協力雇用主を対象とした加点項目を追加する優遇制度が設けられました。このような状況の中にあって当保護司会では総務、研修、地域活動、協力組織、広報の5つの部会を設け、保護司はいずれかの部会に所属して活動しています。今後、保護司会独自の事業展開を図りながら、更生保護女性会、BBS会、更生保護協力雇用主会等との連携、また県・市・関係機関・各種ボランティア団体との協力を強化して、犯罪や非行の無いだれ一人取り残さない明るい社会の実現に向けて努力していきたいと思います。また、両市ともBBS会活動を地元大学と連携し推進しています。特に栗東市では平成27年に再発足し活動を行ってきましたので、更に充実した活動を目指しています。